名入れ工場の様子|販促品・ノベルティの景品卸センター

お電話でもお受付いたしております 
オンライン景品卸センターTOP ≫ 名入れ工場の様子
当サイトはプライバシー保護の観点から、全てのページでSSL暗号技術を使用しております。
名入れはどのような方法で印刷されているのでしょうか。
今回お邪魔したのは、東大阪にある工場です。

1.名入れ用機械

これが名入れをする機械です。単に名入れといっても様々ですが、この機械はパット印刷という方法で行います。
さて、この機械でどのように名入れをするのでしょうか? これからじっくり見ていきましょう。

2.名入れ工場の様子

とても明るくて綺麗な職場です。
みなさん、てきぱきと作業されています。
ここにあるものも、すべてパット印刷用の機械です。

3.インクの調合

それでは実際の作業の流れを見ていきましょう。
まずはインクの色を調合します。
色指定がある場合はパントーンやDICの指示に合わせて調合することもできます。
なお、基本的な黒、青、赤、白などで名入れする場合はこの作業はありません。

4.インクをセット

機械にインクを入れ、版に馴染ませ、名入れ準備完了です。
凹状の版にインクを流しこんだのが左の画像の状態です。次はいよいよ名入れです。

5.名入れ開始

さて、ここから名入れスタートです。
上で見たインクが置いてある版にパットを当ててインクを拾い、そのパットを押し当てると名入れ完了!
   商品を取る→名入れ機械にはめ込む→
   名入れする面を拭く→名入れする→
   商品を外す→箱にキレイに並べる
ボールペンならこの工程を1本約4秒でこなす手際のよさです。

6.2色もできます

こちらは2色機。2色印刷ができる機械です。
パットがふたつあり、商品を横に移動させて色の違うインクを乗せることで2色印刷を可能にします。

7.商品の箱詰め

名入れが終わったら、商品を箱詰めします。
このあと、お客様のもとへと発送されます。
さて、名入れ工場の様子はいかがでしたでしょうか?
「へー、名入れってこんなふうにやってるんだ」と多少なりとも名入れに
興味を持って戴けたなら、大変嬉しく思います。

補足:名入れ方法について

今回ご紹介したパット印刷以外に、以下のような名入れ方法があります。

1.型押し

表面をプレスしたもの、革製品などに多く用いられます。

2.箔押し

熱と圧力で、金・銀・色箔の文字や絵柄を入れる印刷加工。
メタリックな光沢感を表現できるため、普通の印刷よりも目立たせたり、
高級感を持たせることができます。

3.レーザー名入れ

レーザーをあてて、名入れ部分を焦がして表現する方法。
木製用とガラス用の2タイプがあります。

4.転写

写真などを用いたフルカラー印刷。

5.インクジェット印刷

最近、普及してきた新しい印刷技術です。
グラデーションのかかった複雑なイラストや、フルカラー写真が、
小ロット・低コストで、商品本体に印刷できます。

「名入れについて」に戻る